インプラント治療に必要な期間や、必要な過程にはどのようなものがあるのでしょうか。

インプラントは歯科探しが命です☆名医を探す!
Contents

必要な期間

歯が抜けてしまった際の強い味方がインプラントだといわれていますが、インプラントは何回も手術が必要で、期間も長くかかるものだと考えている方は少なくありません。
ではインプラント治療を行うさい、どのような手順になっているのでしょうか。
まずインプラントを行うにおいて重要になってくるのが、現在の口腔内の状態を歯科医が把握するということです。
それで多くの歯科クリニックなどでは、レントゲンやCTスキャンなどを使って口腔環境や骨格を確認するところから始まります。
また治療法や料金、通院期間などのカウンセリングなどもまとめて最初に行なわれることになっていますので、まずインプラントに興味がある場合には、このカウンセリングをおこなってみることが薦められています。
インプラント治療にはいくつかの方法がありますが、一番オーソドックスなのは2回法といわれる2回にわけて手術を行うというものです。
まず一回目の手術では、歯茎を切開してアゴの骨を削り、そこにインプラントと呼ばれる基礎を埋め込んでいきます。
手術時間は1〜3時間程度ですが入院しなくても治療ができますので、なかなか時間がとれないという方にも可能です。
この手術が終わった後は、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約3〜6ヶ月ほど安静にしておかなければなりません。
この安着期間が終わったら、今度は埋め込んだインプラントの頭を出し、連結部分を装着するという2次手術を行う必要があります。
そして歯の型取りを行い、歯の形や色、歯並びをまわりの歯に合わせて人工歯を作成し、約1〜6週間後に完成しますので、連結部分にその人工歯をかぶせて完了になります。
このような過程を考えますと、インプラントの治療期間は全体で10ヶ月ほどかかるのが一般的だといえるかもしれません。
ちなみに歯周病や虫歯などがある人は先に歯の治療を行なわないと、雑菌などが入って化膿してしまう可能性があるのでそれらの治療を優先することになります。
また入れる本数が多いと時間がさらにかかってしまいますし、骨が生まれつき弱いというような方は治療に余計時間がかかってしまうこともあるようです。
そしてインプラントが無事に完成してからも安心はできません。
歯周病によって周囲の歯肉が痛んでしまったり痩せたりしてしまうと、インプラントが外れてしまったりする恐れもあるので、定期的にメンテナンスを受けることも重要になるといえるでしょう。