無痛治療にはさまざまな方法がありますが、よく利用されているのはどのような治療方法になるのでしょうか。

インプラントは歯科探しが命です☆名医を探す!
Contents

無痛治療について

歯の治療というと痛みを感じるという先入観があるために、なかなか歯科に行かないという方は少なくありません。
とくにインプラントというのは、顎の骨に器具を埋め込むという手法になりますので、人によってはその説明を聞いただけでお地下づいてしまうかもしれません。
そのような方にオススメのインプラント治療が、無痛治療といわれるものです。
インプラントにおける無痛治療は「フラップレス術」ともいわれていますが、これは手術前にCT撮影とコンピュータシュミレーションを行い、歯肉を切ることなくインプラント手術をするというものです。
この手術の場合には傷も少なくすみますので、手術中や術後の腫れや痛み、出血もほとんどなく、体への負担も少ないというメリットがあります。
しかし誰でもこの無痛治療を受けられるというわけではなく、インプラントを埋めこむ場所のまわりに歯肉が十分ついていなければなりませんし、重い全身疾患があったりすると手術ができなくなってしまいますので、事前に歯科医と相談しておく必要があります。
さらにこの方法には技術も必要になりますので、行こうとしている歯科クリニックで対応しているのかどうかを確認しておく必要もあります。
さらに設備にかんしても、CTやシミュレーションなどが行えないとできませんので、限定的になってしまいます。
さらに痛みを感じることのないインプラント手術としては「静脈内沈静法」というのもオススメです。
これは腕から点滴で鎮静剤を入れながら手術を行う方法で、うたたねしているような気持ちで手術を終えることができるというすぐれものです。
通常のインプラント手術では全身麻酔は行わず、局所麻酔薬を使って行われるようになっているわけですが、場合によっては独特の感触などがある場合もあり、人によっては恐怖を感じるようですので、そのような方にはこの「静脈内沈静法」はオススメだといえるでしょう。
またこの「静脈内沈静法」の安全性ですが、血圧や脈拍、呼吸などを厳重に監視しながら行われますので万が一のこともありません。
この方法にしても、しっかり設備などが整っていない歯科クリニックでは対応していなかったりしますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
またクリニックによっては、「笑気ガス鎮静法」という笑気ガスを使った無痛治療を行なっていたりするようですので、痛みを感じるのが怖いという方は、対応しているクリニックを探してみると良いでしょう。