手術の方法としては一回法や2回法などが有名ですが、ほかにもさまざまな方法がありますか。

インプラントは歯科探しが命です☆名医を探す!
Contents

手術の方法

一口にインプラント治療といってもさまざまな手術方法があり、患者の状態や要望によってそれらを使い分けることができるようになっています。
基本的に「1回法」と「2回法」という2種類の方法があるわけですが、これらにはどのような特徴があるのでしょうか。
まず2回法手術ですが、これは歯肉を切開する外科手術を2回行うというもので、多くの歯科クリニックが採用している方法になります。
まず1回目の手術では、歯肉を切開し、ドリルでアゴの骨に穴を開け、歯の土台となる人工歯根を埋め込んでいきます。
そしてそれが安定するまで、一度歯茎を閉じて2〜6ヶ月間おきます。
このインプラントが安定してきたら、今度は歯肉を切開してインプラントの頭を出し、結合部分をインプラントの上部に装着し、仕上げに人工歯をアバットメントに取り付けて完了になります。
これに対して手術を1回で済ませてしまうというのが1回法手術になります。
1ピース型といわれる、インプラントとアバットメントがあらかじめ一体になったパーツを埋め込む方法と、2ピース型といわれるインプラントを手術で埋め込んだ後でアバットメントを取り付ける方法がありますが、状況によって選ぶことが可能になっています。
また「即時負荷」という仮歯や人工歯まで当日取り付ける方法もあり、時間がないような場合には重宝されています。
これらの1回法ですが、誰でも治療可能というわけではなく、骨がしっかりしていて硬いことが前提となるため、場合によっては手術できない可能性もあります。
2回法の場合には、外科手術を2回に分けて行うので、骨が少なかったり、体力に自信が無いという方でも治療を受け入れることができるようになっています。
これらの手術のほかに、補助手術というものがあり、インプラントの土台や支えとなる骨を強化することが必要になるケースもあります。
いくつか種類があるわけですが、例えば骨組織の再生を促して必要な骨の量を確保するGBR(骨誘導再生法)や、上顎の歯槽骨の上部にある上顎洞(サイナス)に骨移植手術を行うサイナスリフトという方法があります。
さらには歯周組織の再生を誘導する治療法であるGTR(組織再生誘導)、穴の奥にある歯槽骨と上顎洞粘膜に骨移植を行うソケットリフト、そして他の部位から持ってきた骨を移植するボーングラフトというものもあります。
どの方法が良いのかなどは医師に相談する必要がありますので、事前に分からない点などをよく聞いておきましょう。