抜けてしまった歯を補う方法としてはインプラントのほかにもブリッジや入れ歯という方法があります。

インプラントは歯科探しが命です☆名医を探す!
Contents

抜けた歯を補う治療法

大人になってから歯が抜けてしまったというような場合、採用されるのがインプラント治療といわれるものです。
このインプラントというのは、なくしてしまった歯のかわりにアゴに人工歯を埋め込むというもので、骨にしっかり定着させているために、実際の歯のような感触を味わうことができるようになっています。
また気になる見た目に関しても、天然歯と遜色なく使えるようになっていますので、審美性にかんしても定評があります。
このインプラントのほかにも、抜けてしまった歯を補う治療がありますが、インプラントとはどのような違いがあるのでしょうか。
まず代表的なものとして「入れ歯」を挙げることができますが、非常に手軽で安いというメリットがあります。
しかしアゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけることがあるため、この点がデメリットといえるでしょう。
ほかにも部分入れ歯の場合には、汚れなどがたまりやすく、周囲に虫歯ができやすくなってしまうといわれていますし、見た目なども不自然になってしまいます。
この入れ歯に並んで有名なものとしてブリッジというものもあります。
これは義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定するという方法になりますが、左右の歯とセットで固定するため入れ歯よりも安定するといわれています。
また人工歯に関しても質の高いものを選べば自然な仕上がりになるので、この点もメリットだといえるでしょう。
しかしデメリットとしては、健康な左右の歯を削る必要があり、周囲の歯に負担がかかってしまうという点でしょう。
また歯が抜けたためにアゴの骨が痩せてしまう場合には、歯並びが悪くなってしまうというデメリットもあります。
これらに比べるとインプラントは安定していますし、見た目の美しさもあるという点でメリットが大きな治療方法だといわれています。
しかし場合によって問題視されているのが、インプラントによるトラブル例です。
このトラブル例が発生してしまう理由としては、さまざまなものがありますが、なかでも大部分を占めるのが治療を行う歯科医の技術でしょう。
というのもインプラントとは外科手術を伴う難しい治療になり、それなりの経験や技術がないと、実際に治療を行なっていくのが難しいともいわれています。
歯科医によっては安かろう悪かろうで、粗悪な治療をしているところもあり、そのような歯科クリニックによるトラブルも尽きないといわれています。
それでインプラントを希望するのであれば、しっかりしたクリニックを選ぶようにしましょう。